誰かとすれ違った時に、ふわっとフレグランスの香りがすると、

「!」って思います。

それが強すぎない適度な香り方だとそのひとに好感を持ちます。

その方が男性だったら、おしゃれだなって、わたしは思います。

 

香りは想像以上に記憶に残るものです。

 

「プルースト効果」という言葉を聞いたことがありますか?

 

フランスの小説家マルセル・プルーストが書いた

『失われた時を求めて』の中の

紅茶に浸したマドレーヌの香りから、子供の頃の夏の休暇の記憶が鮮やかに思い出された

というくだりから、香りがリアルな記憶を呼び起こすことを

プルースト効果と呼ぶようになりました。

 

このように香りと記憶は密接な関係にあります。

この香りを嗅ぐと彼女または彼を思い出す、

なんていう存在なれたら素敵ですね。

 

素敵な香りを選んで、意中のひとの記憶にそっと忍びこむ

なんていうこともアリだと思います。

 

ですが、くれぐれもフレグランスは、付け過ぎは禁物。

逆効果になってしまいますからね。

 

付ける場所は、膝の裏やくるぶし、下着の中のウエスト周りがおすすめです。

香水は体温に反応して香り、また下から上に登っていくので、

下半身に付けたほうが穏やかに持続して香りますよ。

 

 

誰かとすれ違った時に、ふわっとフレグランスの香りがすると、

「!」って思います。

それが強すぎない適度な香り方だとそのひとに好感を持ちます。

その方が男性だったら、おしゃれだなって、わたしは思います。

 

香りは想像以上に記憶に残るものです。

 

「プルースト効果」という言葉を聞いたことがありますか?

 

フランスの小説家マルセル・プルーストが書いた

『失われた時を求めて』の中の

紅茶に浸したマドレーヌの香りから、子供の頃の夏の休暇の記憶が鮮やかに思い出された

というくだりから、香りがリアルな記憶を呼び起こすことを

プルースト効果と呼ぶようになりました。

 

このように香りと記憶は密接な関係にあります。

この香りを嗅ぐと彼女または彼を思い出す、

なんていう存在なれたら素敵ですね。

 

素敵な香りを選んで、意中のひとの記憶にそっと忍びこむ

なんていうこともアリだと思います。

 

ですが、くれぐれもフレグランスは、付け過ぎは禁物。

逆効果になってしまいますからね。

 

付ける場所は、膝の裏やくるぶし、下着の中のウエスト周りがおすすめです。

香水は体温に反応して香り、また下から上に登っていくので、

下半身に付けたほうが穏やかに持続して香りますよ。