こんなことを書くとちょっと夢がなくなってしまうかもしれませんが、

『結婚』は日常の暮らしを重ねていく現実であることをふまえて、あえて言わせていただくと、

婚活においては誰もがすべて、自分自身が商品なんです。そしてそれを売る販売員でもあります。

たとえば、何かのスイーツ。

とても美味しいスイーツです。

 

でも、そんな美味しいスイーツなのに、誰もそのスイーツの存在を知らなければ、いつまでたっても売れません。

あるいは、店頭で他の商品と並んだ時に、ただ置かれていただけでは、買っていってはもらえません。

商品を購入する時、販売員のかたに「これは採れたてのイチゴが乗っていて甘さが控えめで美味しいですよ」と言われたり、

POPに「大人気商品 売れ筋です!」と書かれていたりしたら、買いたくなるでしょう?

訳あり商品や限定商品が人気なのは、ちょっとマイナス要素はあるけれど、そんなことは構わないと消費者が購入していきます。

ただ、よく自分の欠点だけを並べて言ってしまう方がいるのですが、それはNG!

商品を売る時に、「このスイーツは、普通の小麦粉を使っていて、特にこだわったところはなくて、それほど売れてないんですよ」なんていう販売員はいませんよね。

必ず、自分の長所を言いましょう。

 店頭で商品説明をうけて勧められた時と同様、

「へー、それなら買ってみようかな(=付き合ってみようかな)」という気持ちに誰だってなります。

 婚活されているみなさんは、自分自身を売る販売員になったつもりで、どんどん目につく場所に出かけ、

どんどん自分の良い所をアピールしていきましょう!