『聞き上手のひとはモテる』とよく言われます。

状況をシミュレーションすると想像できるように、

相手が途中で話の腰を折ったり、別な話題を持ち出したりせずに、相槌を打ちながら話を聞いてくれていたら、

誰でも嬉しいですよね。

 

そもそも女性の場合は話好きな人が多いので、話が長くなると、男性は「自分はちゃんと話を聞いているよ」と思っていても、

あいづちが機械的になっていたり、話している人の目を見なかったりして、話を聞いていないと取られても

仕方ない姿勢になっていることが多々あります。

 

女性の場合も同様、男性に会話のセンスやユーモアを求めてしまうと、「その話にオチあるの?」と突っ込んでしまったり、

「その話知ってる」などと先回りして結論を言ってしまったりしてはいませんか?

 

お互い別の人間ですから価値観が違い、話題がお互いの興味分野とは限りません。

それを理解した上で、コミュニケーションのマナーとして、相手の話を真剣に聞くことが魅力=モテることになるのだろうと

思います。

 

簡単そうで、難しいでしょうか。

あいづちだけでは話を聞いている態度として不足な場合の、プラスアルファのひと言として、

 

「へー、そうなんだ」のあいづちの次に、

「それでどうなったの?」

「それで、それで?」などと、話を催促する。

 

相手が自分の感情についてコメントしたら、

「それは大変だったね~」

「それは悲しいことだね」などと同じ言葉で同調する。

 

そして大事なのは、話している人に視線を向けることです。

視線を向けることによって、自分の時間を相手に与えていることになるからです。