仕事の取引先、よく行くお店などで、
好みのタイプのひとがいたら
「結婚しているのかな? 恋人がいるのかな?」
と思うのは、自然な思考のプロセスです。

もし独身で、付き合っている人もいないのなら
親しくなって恋人志願したいところですね。

でも、突然「結婚しているんですか? 恋人いるんですか?」とは、
勇気がないとなかなか聞けません。

そんな時は、日常会話レベルから聞き出します。

あまり話したことのない相手なら、
「忙しそうですけど、お休みはいつなんですか?」とか。

すると相手は、
「土日は休みですよ」などと答えてくれます。

そうしたら、
相手が男性ならば
「じゃあ、休みの日は奥さんとか彼女とデートですか?」
相手が女性ならば
「じゃあ、休みの日はご主人とか彼氏とデートですか?」
と聞いてみます。

すると相手がフリーであれば必ず
「奥さんも彼女もいませんよ」あるいは「夫も彼氏もいませんよ」
ときっぱり否定するはず。

「デートはしませんよ、寝てるだけです」
「まだ結婚はしてませんから」などと
一方だけの否定、または曖昧な否定であれば、
パートナーがいる可能性が高いです。

そこは日本語のニュアンスをよく聞き取って判断してみてくださいね。
でも、これだけでも会話の糸口ができたら、あとは簡単。
お相手がフリーの身だったら、どんどん会話を広げていって親しくなりましょう。

まずは勇気を持って第1歩です。