ある女性が、彼氏候補として紹介された男性とはじめて会って

お茶をしながら軽くおしゃべりした時、

見た目はタイプだし、服装もおしゃれだし申し分はなかったのですが、

どうしても気になったこと、

 

それは、口ぐせだったそうです。

 

その男性は会話の中で

「結局」「つまり」

という言葉をよく使う人でした。

 

「結局」や「つまり」などの言葉は、相手の話をさえぎることにもなり、

上から目線の印象を与えるため、彼女は気になってしまったのでしょう。

 

口ぐせによる性格判断では、この言葉を多用する人は

理屈っぱく、仕切りタイプと言われます。

 

このように、よく使いがちな言葉によって

初対面の相手の性格を知る手がかりにもなります。

たとえば、

「なんか~」「~みたいな」

考え方に子供っぽさが残っている。自分に自信が持てない人。

 

「ありえない」「絶対」

決断力がある。その変わり相手の意見を聞きいれないこともある。

自分に自信がある人。

 

「そうですね」「わかります」

同意する言葉が多い人は、空気は読めるものの自己主張が少ない。

 

「とりあえず」「何気に」

良く言えば大らか、わるく言えば大雑把。

明るく誰からも好かれる反面、親密な関係に発展しにくいことも。

 

自分では気づかなくても、多用している言葉があるかもしれません。

気に留めて自己分析すると自分の発見になりますよ。