プロポーズに指輪を贈る、というドラマのような演出は

まだまだ根強く息づいています!

でも、指輪は自分で選びたかったのに~という女性も少なくありません。

 

その気持もよーくわかります。

 

婚約指輪の予算は、給料の3カ月分とは古くから言われています。

実際はどうかと言うと、一般的なお給料額からみた3カ月分より低く

30万円くらいの指輪が選ばれているようです。

 

ハンドメイドするカップルもいます。

費用も1~3万円くらいからとお手頃。

ふたりで一足早く共同作業して婚約指輪や結婚指輪を手づくりするのも

恋人時代さいごの良い思い出になりますね。

ブランド品に勝るとも劣らないデザイン、しかも世界に一つだけデザインは貴重です。

 

一方、婚約指輪をもらうより、車の購入資金の一部として出してもらったり

今後の生活用品をリクエストしたりする女性も。

さすが、女性はしっかりしていますね。

 

なかには、金属アレルギーだからアクセサリーはできないため、

泣く泣くという女性もいて、

エンゲージリングやマリッジリングの選び方も多様になってきています。

a1180_001519