結婚は人生の墓場・・・、3組に1組は離婚・・・、結婚は忍耐・・・など結婚についてネガティブ要素が語られる場面は

多いものですが、マイナス面が話題として取り上げやすいからこそで、やっぱり「結婚はしあわせ♪」という調査結果が

明らかになっています。

 

山形県で県民の「日々の暮らしの中でどの程度幸せを感じているか」の幸福度を調べた結果、

独身者より既婚者のほうが、また子どもの数が多いほうがしあわせと感じる割合が高かったそうです。

 

たとえ愛し合って一緒になった夫婦でも血のつながった親子でも、ひとつ屋根の下で暮らせば大なり小なりの

トラブルは避けられません。

家族を想うあまりに、心配や嫉妬もします。

それがわずらわしくなって、正直放り出したくなる時もありますよね。

でもそこを差し引きしても、パートナーや子どもがいる日常の暮らしは、喜びや安心、やすらぎをもたらす

しあわせがあるのです。

 

あるご夫婦は、常日頃からケンカが絶えず離婚話もたびたび出ていました。

しかし3年前の東日本大震災時、大きな被害はなかったものの連絡が取れない日が続き、

お互いどれだけ相手を必要としていたかを知り、それ以降はあまりケンカをしなくなったそうです。

 

結婚は紙1枚の契約とも言われますが、その紙1枚が強いつながりでもあるのです。