アファレでは、バーベキュー、テニス、お料理、バスツアーなど

いろいろな企画のパーティを開催しています。

こうしたテーマに基づくパーティの大きなメリットは、

「お肉を焼く」とか

「ゲームで得点を入れる」とか目的があるため、

初めて会った異性同士でも会話のきっかけがつかみやすい、

そして、終了した時に達成感を共有できるため、自然と親密になれてしまうことです。

実は、お見合いタイムが苦手とおっしゃる方は少なくありません。

「お仕事は何をされていますか?」

「趣味はなんですか?」

と、通りいっぺんの質問をして、

その回答が自分のうとい分野であったり、共通項がなかったりすると、話がふくらまず、

しかも、相手が変わるたび、同じような質問をしていると、違和感を覚えてしまう方もいらっしゃるようです。

これは、会話の順番の違いです。

通常のパーティの場合は、自己紹介⇒日常会話 になりますが、

企画パーティの場合は、日常会話⇒自己紹介 となるので、

自然なかたちでコミュニケーションができ、自分にフィットする人が見つけやすくなります。

 

1対1でお見合いタイムが苦手という方は、企画パーティへの参加をオススメします♪

ただし、ひとつ申し上げておきたいのは、

例えば、「趣味はなんですか?」と質問して「パソコンの自作です」などと

自分の興味や知識のないジャンルの回答が返ってきたとしても、話をそこで終わりにしないこと。

趣味であることは、その方が大好きなことですから、たとえ知らないことでも、興味があることを示すために、どんどん質問することが重要です。

「今まで何台くらい作ったんですか?」

「1台作るのに、どれくらい時間がかかるんですか?」

「いつから、その趣味を始めたんですか?」

と、質問はいくらでもあります。

 

とんちんかんな質問であっても構いません。

好意の初段階は、相手への関心・興味です。

自分の話を熱心に聞いてくれる相手には、人は絶対心が動くものです。

 

「こんなこと聞いたら無知だと思われる」などと思わずに

『どんどん質問作戦』で行きましょう!