年末年始、彼の帰省に一緒に付いて行って

彼の家族にはじめてのご挨拶、あるいは将来のお嫁さんとして一緒に過ごすなんて方も

いらっしゃるかもしれませんね。

 

結婚となると、彼だけでなくご両親や兄弟との関係も重要です。

家族がどんな方たちなのか、よーく観察するとともに

彼との結婚を望むなら、自分を気に入ってもらえるよう好印象を与える努力が必要です。

 

特に彼のお母さん。

機会があったなら、彼氏抜きでふたりだけで話してみると良いですよ。

お互い本音が言いやすくなるため、駆け引きなしに早い段階で親密になれる可能性はあります。

 

お義母さんとの話のネタに困ったら、彼の小さい時の話を聞いてみましょう。

 

ふたりの共通の話題はなんといっても「彼」です。

現在の彼のことを一番良く知っているのは、彼女であるあなたであり、

あなたが会話の主導を握ってしまうことになりますが、

小さい時の彼の話では、お義母さんが会話を主導でき、花を持たせる意味でも

「●●君はどんなタイプの子どもでしたか?

忘れられないエピソードはありますか?」などと質問してみましょう。

もちろんあなたも関心のある話ですし、彼が育ってきた背景や家族の人となりを推し量ることができます。

 

エピソードはひとつやふたつではありませんから、会話が途切れることもなく

あなたが「はい、はい」と興味深く聞いてくれる様子は、お義母さんに好印象を与えるでしょう。