挙式や披露宴を行なわない結婚のことを「ナシ婚」と言います。

いまやナシ婚は珍しくなく、統計で換算すると2組に1組がナシ婚という計算です。

 

ではなぜ挙式・披露宴を行わないのでしょう?

アンケートによると、「お金がない」という経済的理由が最も多く約4分の1の割合。

次いで「妊娠・出産で延期した」「身内の不幸があってしなかった」理由が続き、

『本当はしたかったけど出来なかった』というカップルが半数以上を占めていました。

 

派手婚の代表となっているわたしたちのまち・名古屋でも、その傾向はあります。

一生に一度の記念日、そしてみんなが祝福してくれるセレモニーをお金がないために行えないことはちょっと寂しいですね。

 

わたしの世代では、挙式・披露宴しないほうが少数派でしたし、小さい頃から親戚のお兄さん・お姉さんの結婚式にも

よく出席していましたから、結婚=結婚式の図式が出来上がっていて、自分の結婚式には

「あんなドレスをして、こんな演出をして」

なんて、小学生くらいの時から友達同士でしょっちゅう語り合っていた記憶があります。

いまの子ども達は、徐々に親戚の結婚式にお呼ばれする機会も少なくなり、

結婚式への憧れのイメージが希薄になってしまっているのかもしれませんね。

 

大人になると、招待されたら『お祝い』を包む出費があって懐がイタくはありますが、

参列するそのたびに「やっぱり結婚式っていいな~」と感動します。

 

挙式・披露宴をした夫婦のほうが離婚率が低いという統計もあります。

そしていまは20~30万円でできるリーズナブルなプランもたくさんあるので、

ちょっと頑張って結婚式を挙げていただきたいと思います!!